自然素材・構造計算・住宅の性能。木造住宅好き建築士のブログ

建物は平面図だけじゃわからない!高さを表す図面も確認しましょう。

平面図の切断位置
平面図の切断位置は床から1.5mくらいの高さといわれています。床面から1.5mの高さで建物を水平に切断した時に、上から見える部分を平面図に描くということです。(ただし、1.5mという高さは絶対ではないので、場所によって高さを変える場合もあります。)
続きを読む

介護保険制度によるリフォーム(住宅改修)の条件と注意点

介護保険
介護保険によるリフォーム(住宅改修)とは要支援・要介護認定を受けた方の住まいに一定規模のリフォーム工事を行い、20万円(1割は負担)を限度に市町村から給付を受ける制度です。

とても優れた制度なので条件に合致する方は検討してみてはいかがでしょう。
続きを読む

お父さんの個室について考える|小さくても豊かな空間にする方法

収納スペースを個室に
無印良品のアンケートによると、夕食後に個室で過ごすお父さんも多いようです。

住まいのご要望の中に頻繁に見かけるスペースとして『お父さんの個室』があります。
趣味と仕事、両方のためのスペースだと思いますが、残念ながら打ち合わせを重ねる内に隅に追いやられ、面積が小さくなる傾向があります。

そんな時、『お父さん頑張ってください!』と心の中で祈っているのですが、結果はだいたい同じです。女性は強いですね。そこで、最小限で作れるお父さんスペースを考えてみました。
続きを読む

布団やベッドパッドを室内に干せる家(計画案)|南側に階段があるメリット

手すりに布団が干せる家
拡大図はこちら
花見ができる家
の2階部分を検討しました。2階プランの目玉は階段手すりです。南側に面して階段を計画し、手すりに布団やベッドパッドを干せるように工夫しました。1階には室内の物干しスペースを計画したので『花粉症対応住宅』でもあります。
続きを読む

竜巻被害に備えて浴室やトイレを避難部屋として計画する

2013年、関東では千葉県・埼玉県・栃木県で竜巻が発生しました。昨年2012年にも栃木県で大規模な被害が出ているので、すでに『予想外の災害』とは言えなくなりました。

建築基準法は建物に横から作用する風圧に対する規定はありますが、竜巻に対する規定はありません。いずれ法律が改正されると思いますが、それまでは住まいの作り方や設備で竜巻対策をするしかありません。

そこで、建築ができる竜巻対策について考えてみました。もちろんですが、地域で避難方法や避難対策が決まっている場合はそちらを優先してくださいね。
続きを読む