自然素材・構造計算・住宅の性能。木造住宅好き建築士のブログ

ドアの開く方向を間違えると、家の中は危険がいっぱい。

間取り検討中のドアの開き方や、動線の考え方をまとめてみます。ドアの開く方向を間違えると家の中はとても危険。

収納がリビング入口付近にある場合

↓の間取りの場合、もしも収納ドアが途中で止まっていると、廊下から引き戸を開けてリビングに入った瞬間、ドアにぶつかってしまいます。

ここで問題なのは↓のドアの開き方では、ドアの面ではなく端にぶつかるという事です。ドアの面ならば、ぶつかってもドアが閉まってくれるので、端にぶつかるより安全になります(ちと痛いけどね)。
危険なドアの開き方

開き方を変えるだけでとても安全に

そこで開き方を変えてみると、リビングに入った時にドアの面ににぶつかるので、↑の間取りよりは安全になります。観音開きにしてもいいですね。
安全なドアの開き方

廊下の中間にドアを付ける時は工夫が必要

次に廊下の中間にドアがある場合です。ここにドアを付ける時はどちらの開き方でも危険ですね。
北側から歩いて来ても
ドアの開き方例

南側から歩いて来ても
ドアの開き方例
ドアの端にぶつかってしまいそうです。トイレを使用した人も恐る恐る開けねばなりません。

壁を下げればとても安全

そんな時は入口の位置を下げるのも一つの手です。入口を後ろに下げてドアが開く空間(アルコーブと言います)を設けると、動線の邪魔になりません。また、ドアを引き戸に変えるのもいい手です。
廊下に設けるドアの開き方

家の中は安全に

ドアの開き方を変えるだけで間取りは安全にも危険にもなります。
また、少し工夫するだけで使い勝手が良くなることがあります。

上の方法以外にもたくさんの問題解決の手法があると思いますが、少なくとも家の中は安全に使えるようにしましょう。

関連する記事