自然素材・構造計算・住宅の性能。木造住宅好き建築士のブログ

柱頭柱脚金物って何?|柱を引き抜く力によって金物を選択

柱頭柱脚金物
柱頭柱脚金物とは木造軸組み工法に使用する金物の一種です。設置する耐力壁の種類によって金物を選択します。

引き抜き力に合わせて接合方法を選択

柱の引き抜き
耐力壁は地震・風圧を受けた際に抵抗する部分なのですが、筋違いや面材の取り付け方によって柱を引き抜こうとする力が発生します。この引き抜きを抑える金物が柱頭柱脚金物です。

柱頭柱脚金物の種類

柱頭柱脚金物
面状・L型・貫通して使うタイプなど強度ごとに10種類あります。それぞれ引き抜きに対応した金物を選択して設置します。

柱頭柱脚金物は柱頭と柱脚への設置を原則とするので、例えば柱が50本ある住宅では100個の金物を取り付けます。一般的に設置ミスを防ぐため、より引き抜きの強い個所に合わせて3、4種類の金物を選択します。

N値計算

込み栓
柱の引き抜き力はN値計算という方法に基づいて検討します。計算の結果、金物ではなく「込み栓」という木材同士で継ぐ方法も選択できます。数か所だけ設けた込み栓を建主さんに叩いていただくと、新築の思い出にもなりますよ。

無垢の木と珪藻土の家では、ご家族で込み栓を叩いていただきました。

関連する投稿