自然素材・構造計算・住宅の性能。木造住宅好き建築士のブログ

廊下の幅は決まっていない。(2階建住宅)

不思議な話ですが、2階建住宅の廊下の幅は建築基準法に規定されてません。災害時の避難を考えてありそうなものですが、そうでもないのです。そんな廊下のお話。

どんなに狭くても廊下は廊下

廊下の幅
人がギリギリ通れる40cmでも、余裕で通れる2mでも廊下は廊下なんです。

階段とのつながりには注意が必要

廊下と階段
ただし建築基準法では階段の幅を75cm以上と定めていますので、廊下と階段につながりがある場合、幅が合っていると建築計画上効率的。

75cmは実に計算された数値

木造の柱間隔は3尺(91cm)幅を基本としているので、12cm角の柱を91cm間隔に立てると通行幅は79cmになり、さらに両側に壁を作ると75cmに近くなるワケです。
建築基準法では75cmという数値がよく出てくるので、この数値を通行幅の基準としているのでしょう。

生活上75cmではどうなのか

廊下幅120cm
では、実生活上75cmで充分かと言うと難しいトコロ。悪くはないけど、もう少し広ければ尚良しです。大人2人がすれ違うには120cmは必要ですし、60cm幅の自走用車いすでは85cmは欲しいです。
予算や敷地広さなど常に制約はありますが、居室の使い易さと一緒に廊下の使い易さにも注意したいですね。

関連する投稿