自然素材・構造計算・住宅の性能。木造住宅好き建築士のブログ

食洗機の導入には『メリット・デメリット』だけじゃなく、『いつ・誰が使うか』が大切

食洗機は『結局使わなかった住宅設備』の常連で、残念なスペースになることもしばしばです。もしも食洗機の導入を迷ってるなら、経済的なメリット・デメリットではなく、別の視点で食洗機の導入について考えてみましょう。

ちなみに食洗機を導入した場合、水道代が下がり、電気代が上がります。1日に使う回数によって、設置コストの回収期間も変わります。これは確実です。

大切なのは、いつ誰が使うか

食洗機
食洗機の設置を特にオススメするのは、ご高齢の建主さんと子育て中の建主さん。ご高齢の建主さんにとっては、毎日30分の立ち仕事を減らせますし、子育て中の建主さんにとっては、家事で手が離せない状況を減らせます。

大切なのは、どれだけ生活の役に立つかです。経済性ばかりじゃなく。

食洗機は後付けもできる

食洗機はビルトインタイプも取り外しできます。高齢になったら取り付けたり、子育て期間が終わったら、食洗機の故障と同時に引き出しに変えることもできます。

食洗機導入のメリット・デメリットだけを考えて『付けるかどうか』の一大決心をするより、『将来、付けられるように』『将来、取り外せるように』キッチンを計画する方が賢いですよね。もしも迷っているなら。

最後に

もちろん、付ける付けないはどちらでも賛成なんです。ただ、食洗機は便利に使う建主さんと、まったく使わなくなってしまう建主さんがいらっしゃるので、一大決心をする前に柔軟な選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。

関連する投稿