自然素材・構造計算・住宅の性能。木造住宅好き建築士のブログ

お気に入りの家具が入らない!?『6畳の部屋』と『6畳分の広さの部屋』は違う

平面図や間取り広告に『6畳』と書かれている時は『6畳の部屋』なのか『6畳分の広さの部屋』なのかをチェックしましょう!
『6畳の部屋』だと思って引っ越したら、お気に入りの家具が入らなかった。。。なんてコトが起きないように。

畳一枚の広さは柱の間隔で表す

畳1枚の広さ
関東地方では畳一枚の広さを910mm×1820mmサイズで表します。

これは910mm×1820mm間隔で立てた柱の中に畳一枚が入るという考え方です。ちなみに、3寸5分(105mm)・4寸(120mm)など、柱のサイズによって畳自体の大きさは変わります。

6畳の縦横寸法覚えれば安心

6畳の部屋と6畳分の広さの部屋
上二つの部屋は同じ面積です。

6畳の部屋』は2730mm×3640mmサイズで表します。これは畳3枚と畳4枚が並ぶサイズです。この寸法をぜひ覚えておきましょう。
6畳分の広さの部屋』は畳6枚は入らないけど、面積は同じです。

面積が同じでも並べてみると違いますよね。繰り返しですが図面上どちらも『6畳』です。『なんか違うな?』と思ったら寸法を確かめてみましょう。

関連する投稿