自然素材・構造計算・住宅の性能。木造住宅好き建築士のブログ

住宅の直線階段と回り階段、どちらが安全?|どっちもどっち。だと思います

階段の種類
階段は重力に逆らって移動できるロマンある場所ですが、危険な場所であることもたしかです。勾配や手すりで安全な場所になるよう工夫はしますが、そもそも階段の形状は難しい問題を含んでいます。

直線階段|一方向だけど踏み外したら止まらない

直線階段
直線階段は一方向のみに進むので、動作が単純で安全です。一方で一度踏み外すと下階まで止まらないので危険な構造ともいえます。これが階段の問題です。

回り階段|回転動作が必要だが、踏み外しても途中で止まる

回り階段
回り階段は移動中に体を回転させなければならないので、直線階段より動作が複雑です。一方、もし踏み外しても踊り場で身体が止まる可能性があります。安全性が高い構造ともいえますね。

最後に

階段の安全性について結論を出すのは難しいですよね。広い踊り場を作る方法もありますが、子供やお年寄りにとって上下移動は大変なので、できるだけ短い距離にしたいものです。(踊り場が読書スペースになっている等、用途があるならば、広い踊り場を作る価値アリです!)

どんな形状の階段でも危険のない場所にはできません。手すりや緩やかな勾配で計画すると共に、小さな子には上り降りを何度も教えるというのが正解かなと思っています。

関連する投稿