自然素材・構造計算・住宅の性能。木造住宅好き建築士のブログ

非常時に備えて、住宅には複数の熱源を用意しよう。

カセットコンロ
先日の雪はすごかったですね。生まれて初めて本格的な雪かきを経験しました。秩父方面はさらにひどい状況だったようで、改めて非常時への準備の大切さを痛感。

多くの方がすでに準備されていると思いますが、停電や通行止めなど非常時に備えて、複数種類の熱源を用意することをおすすめします。

具体的には、キッチンでIHクッキングヒーターをお使いの方はカセットコンロを、ガスコンロをお使いの方は卓上IH調理器を用意しましょう。調理器の故障時にも使えますので災害以外の非常時にも役立ちますよ。

調理ができるタイプの薪ストーブがあれば3つ目のキッチン熱源も確保できます。

暖房も2種類用意しましょう。

セラミックヒーター
暖房器具も2種類は用意したいです。

エアコンをメインで使用しているお宅では石油ストーブを(日常的な使用はおすすめしません。あくまで非常用です。)、薪ストーブなどを使用するお宅ではセラミックヒーターなどを用意しましょう。もちろんエアコン+薪ストーブの組み合わせもありですよ。

非常用として設ける場合、電気+燃料が必要な設備は避けてください。(石油ファンヒーターなど)

主になる熱源+非常用熱源が基本

住宅設備はイニシャルコスト・ランニングコスト・基本料金・メンテナンス費など、どうしてもお金がかかってしまいます。ですので、住宅の熱源は『 メインで使う大容量熱源+非常用熱源 』という組み合わせを基本にしましょう。

関連する投稿