ライフプラン作成から始める家づくり

リバースモーゲージ制度を利用するなら、リフォーム代金か住宅ローン返済

リバースモーゲージとは
最近よく聞くリバースモーゲージ制度。リバースモーゲージとは今お住まいの不動産を担保に借入れし、ご夫婦が亡くなった後、不動産を売却し借入れ分を返済する制度です。

住宅ローンとリバースモーゲージの違い

リバースモーゲージの最大の特徴は対象者が55歳以上(銀行による)であること。また、基本的にはご夫婦が亡くなるまで自宅に住み続けられます。そして、借入れしたお金の使い道が限定されていない事です。

住宅ローンとの最大の違いは最初から現金での返済を考えていない点です。

家づくりやライフプランと一緒に考えるなら

リバースモーゲージとは
設計事務所の立場でリバースモーゲージの利用を考えるなら、大きなアクシデントが原因で必要になるリフォーム工事代金や老後資金に充てる方法だと思っています。

リフォームの場合、バリアフリー工事や日常動作を補助する機器の導入等が予想されます。(介護保険による住宅改修については以前の投稿もご覧ください。)

また、老後資金に充てる場合、住宅ローンの一括返済や現金を残す事を優先する状況が考えられます。

どちらも住宅建築時のライフプランでは予想出来なかったアクシデントが起きた場合です。

絶対に知っておかなければならないリバースモーゲージ制度のリスク

リバースモーゲージを利用する際の最大の注意点は不動産価格の下落です。リバースモーゲージは不動産評価を基に限度額が設定されると共に、不動産評価が毎年行われます(銀行による)。ですので、不動産価格が既に借り入れた金額を下回った際に返済義務が発生します。

現実的に不動産価格が1年で何割も下がることは考えにくいですが、大きなリスクであることは知っておかなければなりません。

また、不動産を売却することを前提にしている制度なので、市街化調整区域や不動産に価値が発生しない地域での借り入れは難しいです(銀行によります)。全国を対象にしている金融機関もあるようですが、関東と関西の一部を対象地域としている銀行がほとんどです。

最後に

設計事務所の立場では、住まいはお子様やお孫さんの代まで修繕しながら住み続けて欲しいと思っていますが、人生にはアクシデントが起きて当然ですので、最後の選択肢としてリバースモーゲージは除外できない制度だと言えます。

リバースモーゲージに関する情報は

東京スター銀行

武蔵野銀行

のウェブサイトがおすすめです。

最後までお読みいただきありがとうございました。