ライフプラン作成から始める家づくり

断熱性、調湿性、防音性に優れたセルロースファイバー断熱材の施工

断熱材の施工中です。S-houseではセルロースファイバー断熱材を採用しました。セルロースファイバーは断熱性能はもちろんですが、調湿性や防音性にも優れた断熱材です。
セルロースファイバーの大きな優位点は調湿性を備えてる部分だと思っています。 断熱材の優劣議論をし出すとキリがないので、とにかくS-houseではセルロースファイバーを採用してます。
シートの施工中
セルロースファイバーにも吹き付け式と吹き込み式がありますが、今回は吹き込み式です。吹き込み式は透湿シートを張ってから穴をあけて施工しますので↑の写真はそのシートを壁や天井に張ってるところです。
透湿シートは字の通りで湿り気(水分)を通すシートなんです。セルロースファイバーの調湿性を生かすために『透湿』シートが重要なのです。

シート完成
透湿シートは↑のようにタッカー留めしてセルロースファイバーがこぼれないようにしています。タッカーは大きめのホッチキスのような感じです。

セルロースファイバー吹込中
そして下準備が整ったらシートに穴を開けてホースで吹き込んでいきます。