自然素材・構造計算・住宅の性能。木造住宅好き建築士のブログ

子供部屋を設計する時のポイント

子供部屋
建物のプランニングはアンケートや打ち合わせを重ねてから始めますが、その中でも子供部屋の考え方や要望は、ご家族の生活スタイル・お子さんの気持ち・ご夫婦の教育方針によってホントに大きく異なります。

子供部屋は独立するまでの間のスペースと考え、簡単な間仕切りで将来は取り払えるように計画したり、北側などに設けて、将来は収納スペースとして使えるようにする方法もあります。

Shouseでは2階ホールを将来は子供部屋にできるよう計画しています。

建築士としては、お子さんが独立を考える時に『この家から出たくない』と思ってもらえるような建物を計画することも、隠れた目標です。